製品・作り手の紹介

エコかざ鶏

エコかざ鶏とは

エコかざ鶏は、地元、生産者・内外食品㈱の数少ない鶏種のレッドブロー種「つくば茜鶏」を、千葉産直の名称「エコかざ鶏」として商品化しています。
環境の良い筑波山の麓で育つ、NONOGMO配合飼料・純植物性の飼料で育ち、開放的な鶏舎で育ったエコかざ鶏は、鶏の絞める日程に合わせて、弊社(千葉産直)に入荷し最終加工します。1羽の部位バランスを考えながら仕入れ、生産者、屠畜現場のみなさんと持続的に取組んでいる鶏肉です。

エコかざ鶏の特徴

飼育密度を低くおさえているので、鶏の運動量も多く、さらに時間をかけたゆったり飼育のため、きめ細かいながらも、しまり気味の肉質は、くせもなく濃い旨味があります。
皮下脂肪が少なめで、鶏肉特有のの臭みもなく、口当たりも滑らかな鶏肉。
飼料は、純植物性飼料で育てられているため、全くといっていいほどクセは感じず、またきめ細かさが特徴の肉質は、うまみ成分を包み込み歯ごたえもあります。一度食べるとその美味しさにリピートされる方が多い、千葉産直の「エコかざ鶏」です。
飼育の特徴

ヒナよりNon-GMO飼料で飼育
自然の太陽光の入る開放型鶏舎で放し飼いの平飼い飼育
飼料には、全飼育期間において抗生物質・合成抗菌剤は使用しておりません。
ストレスがかかりにくい様、明るく広々とした鶏舎で運動できるスペースを十分確保された飼育。
純植物性飼料(動物性たんぱく質の未使用)

飼料の特徴

Non-GMOの指定配合飼料(とうもろこし・大豆かすともに分別したモノを選定)
収穫後、防虫・保存のための農薬散布をしないPHF飼料
全飼育期間において、抗生物質、合成抗菌剤を一切使用なし
魚粉等の動物性たんぱく質未使用の純植物性飼料で飼育

関連商品